March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

セリアにある材料で壁に貼れるマグネットボードを自作したよ

気が付けば3月、新年度まであと少し。


 

これからの時期、プリント類やお知らせが増えるなー、でも多すぎて忘れてしまうのはいやだなーと思い立ち、壁にプリントを貼れるような、ホワイトボードやマグネットボード的な欲しいと色々検索。

 

でも、ボードを設置するときに壁に穴を開けたりしたくない…

そして出来るならお値段お安めで抑えたい…

 

いい方法ないかなーと検索したところ、セリアに「ブリキプレート」なるものを発見!

これを使えばいい感じにボードを自作できそう!

ということで近場のセリアで材料購入してきました。

 

 

■購入したもの

・ブリキプレート(A4サイズ)×3枚

・リメイクシート(90×45センチ)×1枚

※今回は白木っぽい柄を購入

・ウォールラインステッカー×1枚

・ボンド 両面テープ×1巻

・クッションシート×1つ

・ネオジウムマグネット(5個入り)×2つ

 

思いつくままに材料を買い集めたので、実際のところは作りながら考えていこうと…

ざっくりプランでは、ブリキプレートとリメイクシートをベースに、クッションシートかウォールラインステッカーを使って飾り付けしようと思います。

 

まずはブリキプレートを開封!

プレートの四隅が段ボールの台紙で留められているので外します。

厚さはそこそこ。

よくある下敷きと変わらないぐらいのペラペラ感です。

四隅に面取り加工などはされていないので、くれぐれも手を切ったりしないように要注意です。

 

次にブリキプレート3枚をテープで繋げます。

とりあえず自宅にあったメンディングテープで貼り合わせてみました。

 

 

大きさ的にはこのブリキプレート3枚分で十分なのですが、プレート自体がまあまあペラペラなので強度面では少し心配…

ネットを見ていると薄いベニヤ板(これもセリアにあるよ!)にプレートを貼り付ける方法も見つけましたが、今回は「強度より軽さ!!」を優先したので、ブリキプレートの台紙として入っていた段ボール紙をブリキプレートと同じようにテープで3枚繋げ、両面テープで段ボール紙とブリキプレートを貼り合わせました。(必死で作業をしていたので、画像は割愛…)

 

そんな感じで貼り合わせたブリキプレート&段ボール紙にリメイクシートを貼り付けていこうと思います。

リメイクシートの接着面に対して、ブリキプレート&段ボール紙(以下段ボール紙)の「ブリキプレート側」を貼り付けます。

大きさ的にはこんな感じ。

横幅も縦幅もリメイクシートの方が大きいので、余裕をもって貼り付けることができます。

 

めちゃくちゃ丁寧に作業をするなら、リメイクシートの大きさを段ボール紙より数センチ余白が出来る程度にカットして…シートの台紙も剥がしやすいように細工をして…とか下準備をした方がいいと思うのですが、かなりのやっつけ作業&ガサツな性格なので、リメイクシートの台紙を端からめくっていき、その勢いで段ボール紙を貼り付けていく!という勢いで作業を行っていきました。

失敗しやすいので良い子にはお勧めしませんが、この手の作業をするときには「ある程度の勢い」が必要だと個人的には思っています。

慎重に行きましょう。(矛盾)

 

貼り付けた結果、こんな感じになりました。

リメイクシートを切らずに使った結果、段ボール紙に対してこれぐらいの余白が出来るので、余った部分をメンディングテープなど使っていい感じに処理をします。

 

表から見たらこんな感じ。

周りに多少シワがついたりしても、この後飾り付けして隠すので問題なしです。

真ん中に空気が入ってしまったら、タオルなどの柔らかいものや平らなものを使ったりして、周りへ空気を追い出すようにしましょう。そうすれば大概上手くいく。

右側に粒っぽいのがついているのは、シートの下にゴミが入ってしまいました…作業する前に掃除はしっかりとしておきましょう…

 

 

さて、次に周りを飾り付けしていきます。

ウォールラインステッカーを使用。長さ的にも十分余裕があるかと思います。

ステッカーの上半分を表面に貼り、下半分を折り返して裏面に貼ってカバーします。

貼る前に上下分けて貼りやすいように半分に折っておくと作業がしやすいです。

私は貼った後でそれに気がつきました。(作業は計画的に)

 

これを上下(お好みで左右もOK)に貼り、両端をマスキングテープで補強すれば完成!

(「剥がしやすい!」がウリのウォールラインステッカーなので、両端を補強した方が剥がれにくくなります)

 

購入した時、このウォールラインステッカーはマスキングテープのように薄い素材だと思っていたのですが、リメイクシートより分厚い不透明の素材のものなので、もう少し薄手のテープを使いたいな…という方は、これまたセリアに売っている太めのマスキングテープとか使ったりした方がいいかもしれません。

 

完成したものの全景がこちらです。

一緒に購入したネオジウムマグネットを散りばめてみました。

ウォールラインステッカーを貼る前に半分に切ったクッションシートをつけてみたりしたのですが、今回私が作りたいもののイメージとは少し違う…と思ったので、クッションシートを貼り付けるのはやめて、ウォールラインステッカーを貼るのみにしてみました。

 

このマグネットボードを壁に貼り付ける方法ですが、色々考えてみた結果、自宅にあった「ひっつき虫」を使用。

練り消しみたいな接着剤を使って、壁に簡単に貼り付けることができます。

 

 

ただ、貼り付ける強度してはそんなに強くないので、がっちり壁に貼りたい!方は、別の方法を使った方が良いです。

(壁に大きめのマスキングテープを貼ったうえで、このマグネットボードを両面テープで貼る、という方法もいけると思います)

 

 

最後に材料のおさらいです。

 

■購入したもの

・ブリキプレート(A4サイズ)×3枚

・リメイクシート(90×45センチ)×1枚

※今回は白木っぽい柄を購入

・ウォールラインステッカー×1枚

・ボンド 両面テープ×1巻

・クッションシート×1つ

↑今回私は使いませんでしたが、これはもうお好みだと思います。

・ネオジウムマグネット(5個入り)×2つ

 

■自宅にある材料で使ったもの

・マスキングテープ(白無地)×1巻

・ひっつき虫×8片くらい

 

ここから色々カスタマイズも出来ると思うので、いい感じなボードが作れたらいいなと思います。

気持ちの良い新年度を迎えましょー!

comments

   
pagetop