箱根の森からやってきた


先日、ロマンスカーに乗った折、旅のお供として緑茶を購入。


箱根の森からやってきた緑茶。


普段、小田急を使わないユーザーなので、このプライベートブランド的な飲み物を手にしただけで、十分旅行気分を味わえるお安い私。

いつもとは違う車両に乗り、いつもとは違う風景を眺めながら、初めて飲むお茶と対峙する。

これだけでもググッとテンションが上がってくる。


渋味が少なく、スッキリとした味わいなこのお茶は、口にすると身体の中に染み渡り、まるで自分が箱根の森の中にいるような気分になるのだった。


さて、最後に箱根へ行ったのは何年前だろう。

そろそろ大自然に呼ばれている気がする。

旅のお供はパンとパン


ロマンスカーに乗ったよ記録。


今回乗ったのは「モーニングウェイ」と名がつくだけあって、朝運行のロマンスカー。


お腹すいた…


家でも軽く朝ごはん食べてきたけど小腹すいた…


なにって、朝早く起きれたから時間ある!

と思ったら、いつの間にか時間泥棒が出現していた衝撃なのですが。言い訳。


そんなわけで、駅構内のHOKUOでパン購入。



最近「パンを食べるシーン」でいうと、ドライブがてらとか、ささっとご飯済ませたいときとか、お昼休みのお手軽ランチとかが多かった私。

家族や周りのことを気にせず、一人自分のペースで味わえるパンの美味しいこと!


もちろん実際パン自体も美味しいわけですが、またなんか違った味わいがありますね。

言うなれば、駅弁を食べるときと同じような高揚感。



あまりに(一人で静かに)テンションが上がっているもので、なぜだかパンの写真を撮ること数回。

非日常のテンションとは凄いものですね。

一人ごはんでも楽しい気持ちにさせてくれるロマンスカーは偉大。


時々無性に天下一品

 

一時期これでもかって程どハマりして、かなりの頻度でラーメン屋に通っていた。

その中でもよく行っていたのが「天下一品」

世間で言うところの「天一」である。

 

続きを読む >>
1